「商品レビュー」ランニング足袋・無敵は軽さも無敵なのか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

先日バーティカルキロメータレース(登山マラソン)用に購入したランニング足袋・無敵を履いて里山トレイルや登山コースを走ってみたところ、凄く良かったので紹介したいと思います。

f:id:nagakawara:20180327194215j:plain

開封の儀はこちら

nagashige.hatenablog.com


里山トレイルでのインプレはこちら

nagashige.hatenablog.com

外観

箱から出した状態です。

一応、足袋なんでペラペラです(笑

f:id:nagakawara:20180327195339j:plain

内側はこんな感じです。

生地の感触は地下足袋みたいです。

f:id:nagakawara:20180327195411j:plain

アウトソールは柔らかいゴム製で溝を切り込んであります。

これが意外なほどグリップ力があります。

f:id:nagakawara:20180327195550j:plain

今回購入した無敵のサイズは27.5cmです。

いつも履いているランニングシューズは27cmを履いてます。

無敵の場合は足の実測値+1cm位が目安だという事です。

足の実測値は26cmでしたが少し余裕をみて27.5cmにしました。

f:id:nagakawara:20180327195745j:plain

アウトソールの厚さは5mmしかないので素足感覚に近く路面の状況をダイレクトに感じる事が出来ます。

f:id:nagakawara:20180327195820j:plain

両サイドにゴムが入っていてかかとがフィットします。

f:id:nagakawara:20180327195848j:plain

履いてみるとこんな感じです。

なかなかカッコイイ!!

f:id:nagakawara:20180327195947j:plain

ちょっと大きめにしたつもりだけど中指と親指がつま先部分に当たり気になりましたが何度か走っているうちに生地が少し伸びたのか馴染んできたので問題なさそうです。

f:id:nagakawara:20180327200026j:plain

前足部がしなやかでフォアフットで山道もグイグイ登れます。

f:id:nagakawara:20180327200115j:plain

タグが表と裏でKINEYAになってるところが憎い!!

f:id:nagakawara:20180327200849j:plain


無敵は軽さも無敵なのかニャー

じゃあ他のシューズと比べて見ようか!

計量結果

無敵

27.5cmで195g

f:id:nagakawara:20180327200350j:plain

f:id:nagakawara:20180327200424j:plain

ヴィブラムファイブフィンガー

43(28cm)で165g

f:id:nagakawara:20180327200515j:plain

ルナサンダル

トレイルモデル

サイズは忘れました。

180g

f:id:nagakawara:20180327200544j:plain

ターサージール5ワイド

27cmで175g

f:id:nagakawara:20180327200644j:plain

Salomon S-lab SENSE 5 ULTRA

27cmで240g

f:id:nagakawara:20180327200818j:plain

まとめ

無敵の重量は見た目ほど軽くなかったです。

アウトソールのゴムが結構重量感がありますしアッパーの素材もランニングシューズみたいに軽量なメッシュ素材など使ってませんから。

と言っても195gという重さはトレイル用の履物としては驚異的な軽さですし軽量素材を使用して耐久性が落ちるくらいならこのままで十分です。

昨年、ヴィブラムファイブフィンガーを履いて負釣山でタイムトライアルをやった時に自己ベストを更新出来てビックリしましたが先日のインプレでは無敵の方が登りやすかったので雪解け後にタイムトライアルをやるのが楽しみです。