読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しげちゃんのアクティブライフ2ndステージ

Road to sub three! 2017年10月の富山マラソンでサブ3達成を目指す奮闘記

「商品レビュー」ランニング記録用に最近お気に入りのコクヨのスポーツダイアリー

商品レビュー

皆さん、ランニングの記録はどうしてますか?

パソコンやスマホを活用したりランニングダイアリーなどノートに記入する方法がありますが僕はノートメインです。

僕が最近気に入って使っているノートを紹介したいと思います。

コクヨが出してるスポーツダイアリーというノートを使ってます。

これはランニング専用って訳ではなくスポーツをした記録を残すためのノートです。

もちろん、ガーミンのランニングウオッチを使っているのでランニングデータはガーミンコネクトにアップロードして管理してますからパソコンやスマホでも見ることは出来ます。

でも、メモを書き込んだり出来る自由度の高さや俯瞰しやすい点などはアナログのノートの方が使い勝手がいいので平行して使ってます。

商品情報

商品ラインナップは2つありA5サイズとポケットサイズが用意されてます。

僕が使っているのはA5サイズの方です。

www.kokuyo-st.co.jp

A5サイズ


コクヨ スポーツダイアリー A5 ノ-SP102

・サイズ A5版(210mm×148mm)

・枚数 24枚(48ページ)


ポケットサイズ


コクヨ スポーツダイアリー ポケットサイズ ノ-SP292

・サイズ 160mm×91mm

・枚数 24枚(48ページ)

内容

目標記入ページ・ToDoリスト

3カ月の目標を設定できます。

また、目標達成に向けたロードマップやToDoリストを作れます。

f:id:nagakawara:20161223191110p:plain:w500

f:id:nagakawara:20161223190803j:plain:w500

f:id:nagakawara:20161223190917j:plain:w500

フリー月間記録ページ

月間のページ上部の空欄に項目を書いて、運動した日のチェックや数値データなどを書き込めます。

f:id:nagakawara:20161223191310p:plain:w500

僕の場合はウエイトトレーニング・ロング走・5000mTTを月に何回やったかのチェックと日々の走行距離と累計距離の管理に使ってます。

グラフページ

僕は使ってませんがグラフ作成が出来る方眼ページが3ページ(3ヶ月分)用意されてます。

f:id:nagakawara:20161223191733p:plain:w500

グラフ化することで変化を見ることができ、モチベーションUPにつながります。

フリー週間記録ページ

週間のページに日々の運動記録が書けます。

f:id:nagakawara:20161223191904p:plain:w500

メモ欄には今週の走行距離目標や現在のVDOT指数を書いてます。

VDOT指数についてはダニエルズのランニング・フォーミュラの解説記事をご覧下さい。

nagashige.hatenablog.com

食事内容を記入する欄がありますが使ってません。


How to スポーツ

全8ページ構成。

ミズノが編集に協力しストレッチやウォーキング、ランニングなどのやり方などを図解入りで分かりやすく説明してます。

特徴

特徴というか個人的に気に入ってる点です。

1冊で3ヶ月分

これが一番の特徴です!!

年間ダイアリーはいくらでもありますが3ヶ月限定のダイアリーって僕の知る限りこれだけだと思います。

マラソンの練習ってレース前3ヶ月から本格的に開始するので(もっと長い人もいますし短い人もいます)3ヶ月っていうのがちょうどいいわけです。

僕の場合基本的に飽き性なので年間ダイアリーを1年間通して使ったことがありません(苦笑)

見開き1週間

僕は走行距離を1週間ごとに管理してるので見開き1週間で記入欄が大きめっていうのがいいですね!

天候や身体データーの記入欄がある

天候や心拍数、体重、体脂肪率、コンディション(体調)を記入する項目があらかじめ用意されています。

これって毎日記入するので最初から記入欄があった方が面倒じゃなくていいです・

目標の記入欄がある

1ヶ月ごとの目標を決めて1つづつクリアしていく楽しみがモチベーションアップにつながります。

おすすめする人

・飽き性な方 3ヶ月限定なのでなんとか続けられます。

・1週間単位で管理したい人

・3ヶ月サイクル4シーズンで管理したい人


最後に、この時期、ランニング雑誌なんかにも来年のランニングダイアリーが付録でついてますがコクヨのスポーツダイアリーも検討材料のひとつにしてはいかがでしょう!!